シェアする

【弁当宅配サービスが高齢者を救う】決め手は配達員|ワタミの宅食

ワタミの宅食 注文方法

【弁当宅配サービスが高齢者を救う】決め手は配達員|ワタミの宅食

止まらぬ地球温暖化、そして昨今の異常気象により、毎年、熱中症患者が増加。

政府やメディアの呼びかけも虚しく、患者数は増加する一方だ。特に高齢者の患者は後を絶たない。

故郷におじいちゃんやおばあちゃんを残している者にとっては非常に心配であろう。加えて、認知症、孤独死など高齢者や独居老人の問題は山積している。

「なぜ故郷に一人老人を置いておくのか?」と、その家族たちを責める世論もあるが、当事者にも様々な事情があるのだ。誰も好き好んで独居させているわけではない。

しかし、どんな事情があるにせよ不安は募る。

そんなあなたの不安を「弁当宅配サービス」が解決するかもしれない。

2018年、とあるニュースが飛び込んできた。

スポンサーリンク

弁当宅配サービスが高齢者を救ったニュース

弁当宅配サービスの配達員が熱中症の独居老人を発見、救出

2018年、熱中症患者が過去最悪を記録する最中、いつものようにお弁当配達員が独居老人宅へ訪問。

この時点でこの老人は熱中症状態。意識がもうろうとする中、部屋の中を這うようにして玄関まで行ったという。

ようやく開けられた玄関口で配達員が異変に気づき、即、救急車に通報。奇跡的に老人の命は救われたというのだ。

配達員は玄関口ではあったが室温が異状に高いことにも気づいたという。

救急隊員は「もしあの時に弁当配達員が事態に気づき通報していなければ、最悪の事態になっていた可能性があった」という。

また、以下のようなニュースもある。

弁当宅配サービスが高齢者の認知症を発見

系列の「ヴェルペンほっとみーる」が弁当を配達したところ、利用者が「お弁当をもらっていない」と発言。

実際には受け取ったはずのお弁当のことを本人は忘れており、それに異変を感じた配達のスタッフは、系列の地域包括支援センターへ認知症かもしれないと連絡。

これにより認知症の早期発見につながった。

このように、弁当宅配サービスが高齢者を救ったニュースは少なくない。

弁当宅配サービスとは?

さて、ここまで何度も出てきている弁当宅配サービスとはどのようなサービスなのか。

ある程度想像できる通りで、「お弁当を自宅まで宅配してくれるサービス」で、「セブンミール」、や「ワタミの宅食」「生協の宅配サービス」が有名だ。

なんだ、ただの弁当を配達してくれるだけじゃないかと侮るなかれ。

進化する弁当配達サービス

徹底した衛生管理で「食の安全・安心」そして「おいしい」のはもちろんのこと、最近では管理栄養士が監修し、毎日の食事に取り入れるだけで「バランスのとれた食生活」をできる付加価値付きだ。

日々の食事の準備は大変で、ましてやバランスのとれた食事をしようと思えば、3食献立を考えるだけでうんざり。

  1. 献立を考え
  2. 買い物に行き
  3. 安い食材を探し
  4. 調理し
  5. やっと食事をし
  6. そして片付け

この一連の行為を毎日。

まだまだ現役の私たちですら億劫なことを、体力の衰えた高齢者・独居老人が毎日こなすのがどれほど大変か、想像にたやすい。

面倒であまり食べなくなり、その影響で食が細くなり、必要な栄養を得られぬまま体力は衰え、徐々に部屋にこもりがちになるという悪循環が始まる。

進化する弁当宅配サービスなら、この悪循環に終止符を打つことができるだろう。

「宅配」の持つ意味

加えて、「宅配」というところに大きなメリットがある。

家まで配達員が届けに来るということが、どれだけ意味のあることか。

前述のニュースにもあるように、お宅に伺い直接宅配したからこそ、「独居老人の異変」に気付いたし、「老人宅のうだるような暑さ」に気づいたのだ。

このように、弁当宅配サービスが家に届けるのは、弁当だけではない。

独居老人の家に、「コミュニケーション」や「世間とのつながり」も宅配しているのだ。

高齢者におすすめの弁当宅配サービスはどこ?

さて、ここまでの流れで、

「なるほど、弁当宅配サービスを利用してみよう」と思った方も少なくないのではないだろうか?

すると次に悩むのは、一体どこの弁当宅配サービスを選ぶべきか?ということだ。

というのも弁当宅配サービスは、サービス開始以降、右肩上がりに需要が高まっており、よくも悪くも選択肢が豊富だ。

味を比較するにも食べてみなければわからないし、食に関しては本人の味覚次第なので口コミはあてにならない。

これだけたくさんの弁当を食べ比べるのは現実的ではないし、おまけに各社様々なメリットやデメリットがある。

そこで、特に、故郷で一人暮らしをしているおじいさんやおばあさんに利用させることを検討しているならば、是非おすすめさせていただきたいのが「ワタミの宅食」だ。

次の項目から、なぜ「ワタミの宅食」が高齢者にオススメなのかを簡単に紹介していく。

ワタミの宅食とは?

ワタミの宅食

「ワタミの宅食」とは、ご存知「ワタミグループ」の宅配弁当・宅配食材サービス。

「お弁当」「おかず・惣菜のみ」「冷凍おかず」などから選択でき、事前に注文しておけば毎日自宅まで配達してくれるとても便利なサービス。

じつは「ワタミの宅食」が食材の宅配を開始したのは1978年で、すでに40年以上の歴史があり、2010年、現在の主力商品でもある「まごころ御膳」「まごころおかず」の販売をスタートすると、その「豊富なメニュー」と「バランスのよさ」から利用者が急増。以降現在に至るまで7年連続売上シェアNo.1をキープしている。

ワタミの宅食が高齢者にオススメできる理由

なぜ数ある弁当宅配サービスの中で高齢者・独居老人に「ワタミの宅食」がオススメなのか?

「美味しい」だとか、「安全安心」だとか、「バランスのとれた食事」などという当たり前の部分は多くの宅配弁当サービスでもうたっていることなので、ここではあえてそれ以外の部分について触れていく。

5日間で1セット|ワタミの宅食が高齢者におすすめな理由1

ワタミの宅食の注文は5日間で1セット。

これをデメリットと紹介するものもいるようだが、私から言わせればむしろメリットだ。

ワタミの宅食は、塩分やカロリー、品目数などに配慮しながら「5日分の献立」を設計しているからこそ、バランスのとれた理想的な食生活に切り替えられる。

毎日、「今日はこれ、明日はこれ」と注文していれば、当然自分の好みのものばかりに偏ってしまう。

バランスのとれた食事とは、単日ではなく、週単位で管理するべきなのだ。

→「ワタミの宅食」公式サイトでチェック!

ワタミの宅食 5日間の献立例

高齢者向けに献立を工夫|ワタミの宅食が高齢者におすすめな理由2

ワタミの宅食 まごころおかず

※イメージはワタミの宅食 おかずだけシリーズ「まごころおかず」

ワタミの宅食の味付けは、塩分やカロリーなど、ご年配を想定して管理されている。

長年の経験で開発された独自製法の出汁は「コク」と「深み」があり、薄味でも食べ応えが感じられるのだ。

加えて食材や献立設計には季節感を取り入れているので「飽きのこない旬の食事」を楽しむことができるのも嬉しいポイント。

おそらくあなたのおじいさんやおばあさんも「季節感」を大切にされているのではないだろうか?

春にはこの食材を食べなさい。そんな失われつつある日本の四季を取り入れることで、「食」にささやかな「旬」と「喜び」を添えている。

弁当・惣菜のシリーズが豊富|ワタミの宅食が高齢者におすすめな理由3

ワタミの宅食 シリーズが豊富

  • あまりたくさんは食べられないから品数少なめにしたい
  • 俺の田んぼで育てた米を家で炊くから「おかず・惣菜だけ」で良い
  • 年金生活で節約したいから安いお弁当を希望

などなど、体調、食べる量や予算まで、様々な要望に応えられるのは「ワタミの宅食」の弁当・惣菜のシリーズが豊富だから。

ワタミの宅食 シリーズラインナップ
値段
(1食あたり)
食材数食塩相当量カロリーご飯
まごころ手毬490円12品目以上2.5g以下250kcal
まごころおかず616円20品目以上3.5g以下400kcal
いきいき珠彩640円15品目以上4.0g以下450kcal
まごころ御膳580円15品目以上2.5g以下500kcal
まごころこばこ498円10品目以上2.0g以下400kcal

→「ワタミの宅食」公式サイトでチェック!

幅広いエリアに配達可能|ワタミの宅食が高齢者におすすめな理由4

あなたのおじいさんやおばあさんが住む故郷は、日本のどこだろうか?

東京都内や名古屋、大阪など都心部ならば多くの弁当宅配サービスが対応しているだろう。

しかし多くの人にとって、故郷とは「田舎」であり、都市から離れたエリアにあるはずだ。

弁当宅配サービス選びの際に、そもそも自分の故郷が「宅配エリア内」でなければ選択肢からはずさなくてはならない。

例えば私の実家は宮城県の松島という「ど田舎」であるが、「ワタミの宅食」はしっかり網羅していた。

日本全国幅広い宅配エリアを網羅。これが長い歴史と、ワタミグループの力だ。

→幅広いエリアで探すなら「生協のラクラク宅配」

まごころスタッフ|ワタミの宅食が高齢者におすすめな理由5

これは今回を「ワタミの宅食」おすすめする理由の中で最も重要な魅力なのだが、お弁当は「ただ配達する」のではなく、その地域に住み、その土地のことを知り、実際に暮らしている「まごころスタッフ」が毎日届けてくれるということ。

これが、「ワタミの宅食」の最大のこだわりでもあり他の弁当宅配サービスと圧倒的に差がつく部分だ。

これにより配達員と独居老人が顔なじみになり、例えば

「〇〇さん、今日はお顔がすぐれないようですが、お身体の調子いかがですか?」

「〇〇で今度町内会のお祭りですね。晴れてくれればいいですね。」

などという会話や世間話を交えながら、お弁当だけでなくコミュニケーションや地域とのつながりを届けるのだ。

前述のニュースにも挙げられたような独居老人を救うきっかけにもなるだろう。

セブンミールの配達員と比較

私がおすすめしている弁当宅配サービスに「セブンミール」というものがあるが、比較した場合にこの部分で「ワタミの宅食」は大きく秀でている。

「セブンミール」の配達員はセブンイレブンの店員さん。

心がないというわけではないが、セブンイレブンの店員さんは他の仕事の合間に宅配に来ているので、時間がない。

正直500円の弁当を届けに来て、知らない老人に10分も20分も世間話で捕まっている暇はないし、そもそも多くの場合、配達に来るのはバイクを運転できるアルバイトのお兄ちゃんなので、老人とのコミュニケーションに長けているとは言い難い。

一方で「まごころスタッフ」は、その老人とのコミュニケーションも目的に宅配に来ている専門のスタッフなので、その差は歴然と言える。

故郷のおじいちゃんやおばあちゃんの安否確認やコミュニケーションを目的に宅配弁当サービスを取り入れるならば、かなり大きなポイントとなるだろう。

注文が簡単|ワタミの宅食が高齢者におすすめな理由6

ワタミの宅食 注文方法 トップページ

最後のおすすめポイントは、「ワタミの宅食」のサイトが非常に見やすく、注文し易いということ。

弁当宅配サービスを利用する際に厄介なのが、注文の煩雑さ。注文したいのにサイトの使い方がわからず断念してしまうケースも少なくないようだ。

そんな中で「ワタミの宅食」のサイトは簡潔で解り易い。

しかも、ネットでの注文がどうしても苦手という場合には、現金払いに限り、電話での注文も可能。これが高齢者にとってどれほどありがたいことか。

私も電話サービスを利用したことがあるが、非常に優しく、わかりやすく応対してくれるので安心できる。

ただ、ネット注文の方がメリットが多いので、できる限りネットでの注文がオススメ。ネット注文の方法を電話サービスで伺うこともできる。

注文方法をわかりやすくレポートした記事も参照してほしい。

→ワタミの宅食の注文方法をわかりやすくレポート

弁当宅配サービスが高齢者を救う|まとめ

弁当宅配サービスの意外な活用方法と、オススメの「ワタミの宅食」について紹介してきたが、いかがだっただろうか?

様々な事情で故郷に祖父祖母を一人暮らしさせている方がいると思う。

いつもそばにいてあげられない上に、高齢者はとかく頑固になりがちで、「熱中症」や「認知症」など大丈夫だの一点張りで悩む方も多いだろう。

そんなあなたの代わりに、祖父祖母、高齢になった親に毎日会いに行ってくれる人がいるとしたら、どんなにかその「心配」が解消されるだろう。

「心」を「配る」と書いて「心配」だ。

弁当宅配サービスは、特に「ワタミの宅食」は、お弁当だけでなく「心」も「配る」サービス。

親孝行、したいと思った時に親はなしと昔からよく言うが、本当にそうなんだと思う。

あなたのその優しい「心」を、ぜひ親に惜しみなく「配って」あげてほしい。

それでは。

→「ワタミの宅食」公式サイトへ

→幅広いエリアで探すなら「生協のラクラク宅配」