シェアする

【宅配弁当サービスが高齢者の熱中症対策に】遠くの家族を見守る方法

遠くに暮らしながら、故郷に住む高齢者となった両親を、熱中症から守る方法はないものか?

そんな悩みを、意外にも「宅配弁当サービス」が解決するかもしれない。

ただ、弁当宅配サービスならどこでもいいというわけでもない。今や弁当宅配サービスを実施している会社は多数で、各社ともサービスや特色で住み分けをしているからだ。

その中でも特に今回は「高齢者の熱中症×宅配弁当サービスの効果」と、離れて過ごす高齢者を熱中症から守るという意味で、おすすめしたい「ワタミの宅食」について、なぜそう言えるのかを紹介していく。

スポンサーリンク

高齢者と熱中症、その家族が抱える悩み

高齢者と熱中症、その家族が抱える悩み

「今年も暑いよ。熱中症が心配だから、ちゃんとエアコンをつけてね。」と、何度お願いした事か。

猛暑の季節になれば、連日ニュースで報道される熱中症の注意喚起。しかしその効果もむなしく、繰り返される高齢者の熱中症被害。

加えて老老介護の負担や、独居老人の認知症が招いた痛ましい事件は、絶えないどころか増加傾向にある。

 

故郷に住む高齢者となった両親は大丈夫だろうか?

明日は我が身だ。

 

「なぜ老いぼれた家族を故郷に置き去りにするのか?家族がエアコンをつけるようにコミュニケーションを取っていれば防げたのではないか?」

 

何も知らない世論は、匿名性を武器にその家族を責め立てる。

しかし当の家族からすれば、なにも好き好んで老人を放っておいているわけではない。それぞれには、それぞれの事情があるのだ。

熱中症対策のエアコンを嫌う頑固な高齢者

熱中症対策のエアコンを嫌う頑固な高齢者

高齢になった親と話せば喧嘩になる、そんな経験はないだろうか?

「昔と違って、今は温暖化とか異常気象とかで夏の暑さも厳しいんだよ。熱中症になったら危険だから、エアコンつけてね。」

とお願いをすれば、

  • エアコン?そんなもんなくたって俺たちの時代は夏を越してきたんだ。今時の者は忍耐力が足りない。
  • 打ち水したから大丈夫。エアコンなんで、電気代がもったいない。ただでさえ少ない年金で生活が苦しいのに。
  • エアコンは身体に悪いのよ。それに、我慢できないほどの暑さじゃないし。夏なんて毎年こんなものよ。

など、喧嘩腰で返されたり、逆に小言を聞かされる始末。

説得を続ければ次第にヒートアップし、熱中症よりも暑いケンカに発展する。だんだん面倒臭くなった自分の「だったらもう知らない。勝手にしろよ。」という苛立ちを飲み込む。

人は歳を追うごとに、多くの経験から自分なりの考えが凝り固まり、結果として頑固者になりがちだ。加えて、親にとって子供はいくつになっても子供だ。我が子に指摘をされれば「子供のくせに生意気に親に物申すな」となることも少なくない。

こうなってしまうと厄介で、意地でもエアコンをつけないという発想になりかねないから困りものだ。

特に注意したいのは、頑固さやエアコンの好き嫌いの問題ではなく「本当に暑いと感じていない」高齢者がいることだ。汗もほぼ出ず、危険レベルでも体感温度に気づけない体質なのだ。こういった高齢者は非常に危険だ。

高齢になった両親を故郷に残す、独居老人の事情

高齢になった両親を故郷に残す、独居老人の事情

一緒に暮らしているならば強制的にエアコンをつけるが、別居しているとなるとそうもいかない。事実、田舎で過ごす老夫婦・独居老人の問題は増加の一途だ。

両親を地方や故郷から都会に呼んだ際、断わられた経験はないだろうか?

「都会にマイホームを買うんだけど、2人の部屋も用意するから一緒に来ない?」

と提案をすれば、

  • ここで生まれて、ここで育ったんだ。今さらこんな歳になって、誰も知らない新しい土地には馴染めない。
  • 俺の畑や田んぼをどうする?先祖代々引き継いできた大切な土地は捨てられない。
  • 都会なんて無理。老後は田舎でゆっくりしたいのよ。私が行っても邪魔でしょうから、家族で気兼ねなく暮らしなさい。

など、理由はどうあれ故郷を離れることを拒まれる。

よほど現状に不満でもない限り、人は変化を嫌うものだ。長年繰り返してきた日常を奪われることは嫌だし、新しい土地で生活を始めることが高齢者にとってどれほどの負担であるか、理解できる。

 

こうして故郷に高齢者だけが残り、子供の言うことを聞かずエアコンをつけない高齢者、老老介護、独居老人は増加する。

 

もしも私と同じ様に、こんな不安や悩みを抱えているならば、それは弁当宅配サービスが解決してくれるかもしれない。

高齢者の最悪の事態を、弁当宅配サービスが救ったニュースをご存知だろうか?

弁当宅配サービスが高齢者を救ったニュース

弁当宅配サービスが高齢者を救ったニュース

2018年、熱中症患者が過去最悪を記録する中、弁当宅配サービスのスタッフが独居老人宅へ訪問。

その時点でこの老人は熱中症状態。意識がもうろうとする中、部屋の中を這うようにして玄関まで行ったという。

ようやく力を振り絞って高齢者が玄関ドアを開けると、弁当宅配サービスのスタッフが異常な部屋の暑さに気付く。いつもと様子が違うその姿に、機転の効いたスタッフは即、救急車に通報。奇跡的に老人の命は救われた。

救急隊員は「もしあの時に弁当配達員が事態に気づき通報していなければ、最悪の事態になっていた可能性があった」という。

このように弁当宅配サービスの配達員が高齢者を救ったニュースが、連日さまざまなメディアで取り上げられている。

弁当宅配サービスとは?

弁当宅配サービスとは?

さて、ここまで何度も出てきている弁当宅配サービスとはどのようなサービスなのか。

その名の通りで「お弁当を自宅まで宅配してくれるサービス」で、「セブンミール」、や「ワタミの宅食」「生協の宅配サービス」が有名だ。

なんだ、ただ弁当を配達してくれるだけのサービスじゃないかと侮るなかれ。

様々な事情の中で、やむなく同居できない・そばにいてあげられない家族の代わりに、毎日高齢者宅を訪れ、お弁当とともにコミュニケーションや社会とのつながりを運ぶ、それが弁当宅配サービスなのだ。

「バランスのとれた食事をする負担」を軽減

「バランスのとれた食事をする負担」を軽減

食事の準備が億劫で、徐々に食が細くなり、やがて体力がなくなっていく。こうして高齢者は熱中症予備軍になっていくのだ。

若い頃や1人暮らしの頃、栄養バランスを考えた3食を毎日自炊したことがあるだろうか?多くの方の答えが「NO」ではないだろうか?

理由は単純で「面倒臭い」「大変」だからである。

若い頃ですらそうなのだから、体力の衰えた高齢者にとっての負担は想像にたやすい。

だからこそ、毎日3食のうちのたった1食でも「バランスのとれた食事をする負担」を軽減できたなら、それは大きな違いと言える。

今時の宅配弁当サービスの多くは、徹底した衛生管理で「食の安全・安心」そして「おいしい」のはもちろんのこと、最近では管理栄養士が監修し、毎日の食事に取り入れるだけで「バランスのとれた食生活」をできる付加価値付きだ。

毎日1食、たかが1食が高齢者の熱中症対策に大きな効果をもたらすのだ。

「宅配」と、熱中症対策に効果のある2つの「風」

「宅配」と、熱中症対策に効果のある2つの「風」

加えて「宅配」というところに大きなメリットがある。家まで配達員が出向くということがどれだけ意味のあることか。

前述のニュースにもあるように、お宅に伺い直接宅配したからこそ「独居老人の異変」に気付いたし「老人宅のうだるような暑さ」に気づいたのだ。

毎週こまめに故郷に電話するような親孝行者でも、部屋の室温の異変に気づくことはできないのだ。

このように、弁当宅配サービスが家に届けるのは、弁当だけではない。熱中症対策に効果のある2つの「風」を届けているのだ。

1つ目の「風」は、玄関を開けることで吹く物理的な風だ。とくに独居老人は外に出る機会も少なく、部屋を締め切りにすることが多い。熱中症対策に効果のある風を送り込み、空気を入れ替えるのだ。

2つ目の「風」は、世間とのつながり、風通しという意味だ。自宅に人が訪ねてくる、そしてコミュニケーションをとることで「世間や地域」と「こもりがちな高齢者」との風通しを良くするのだ。

高齢者の熱中症対策におすすめの弁当宅配サービスは「ワタミの宅食」

高齢者の熱中症対策におすすめの弁当宅配サービスは「ワタミの宅食」

なるほど、それなら一度宅配弁当サービスを試してみようと思った方にお勧めしたいのが、「ワタミの宅食」だ。

当サイトでも何度か紹介している「ワタミの宅食」だが、なぜ高齢者の熱中症対策におすすめなのかを最後に紹介する。

「栄養バランス」「おいしい」「種類が豊富」など、どこの弁当宅配サービスでもうたっている魅力は以前このサイトで紹介したので今回はあえて割愛させていただく。

配達員「まごころスタッフ」の価値

配達員「まごころスタッフ」の価値

これは今回「ワタミの宅食」をおすすめする最大の理由であり魅力なのだが、お弁当は「ただ配達する」のではなく、その地域に住み、その土地のことを知り、実際に暮らしている「まごころスタッフ」が毎日届けてくれるということ。

これが、「ワタミの宅食」の最大のこだわりでもあり、他の弁当宅配サービスと圧倒的に差がつく部分だ。

私も実際にワタミの宅食を注文したことがあるが、ほぼ毎日ほぼ同じ時間に「同じ」まごころスタッフが届けてくれるのだ。

 

同じ地域にすむ、同じ人が、毎日お宅を訪問するシステムだからこそ、

「〇〇さん、今日はお顔がすぐれないようですが、お身体の調子いかがですか?」

「〇〇で今度町内会のお祭りですね。晴れてくれればいいですね。」

などという会話や世間話を交えながら、お弁当だけでなくコミュニケーションや地域とのつながりを届けるのだ。

前述のニュースにも挙げられたような独居老人を救うきっかけにもなるだろう。

大手・長い歴史が可能にした幅広いエリア

大手・長い歴史が可能にした幅広いエリア

あなたの故郷、つまり高齢者となった親は日本のどこに住んでいるだろうか?

東京都内や名古屋、大阪など都心部ならば多くの弁当宅配サービスが対応しているだろう。

しかし多くの人にとって故郷とは「田舎」であり、都市から離れたエリアにあるはずだ。

弁当宅配サービス選びの際に、そもそも自分の故郷が「宅配エリア内」でなければ選択肢からはずさなくてはならない。

例えば私の実家は宮城県の松島という「ど田舎」であるが、「ワタミの宅食」はしっかり網羅していた。

日本全国幅広い宅配エリアを網羅。これが弁当宅配サービスに長い歴史を持つ大手、ワタミグループの力だ。

→さらに幅広いエリアで選ぶなら「生協のラクラク宅配」

「万が一」ではない高齢者の熱中症被害は対策が大事

「万が一」ではない高齢者の熱中症被害は対策が大事

「もしかしたら」「万が一」「まさか」などと言っている状況ではない高齢者の熱中症被害。

気温が上がっているのだから対策をしなければ犠牲になるのは必至だ。

  • うちの親父はガンコだから
  • そろそろなんとかしないと
  • お袋は大丈夫だろう

そんな足踏みをしている場合ではないだろう。

あなたもご存知の通り、地球温暖化は進み「異常」気象「異常」事態なのだ。

「もう勝手にしろよ!」と喧嘩できる大切な家族を守れるのは「今のあなた」だけかもしれない。

テーマが重いので「気軽に」とは言わない。「よく考えて」サービスの利用を検討していただきたい。

詳しい「ワタミの宅食」 についてはこちら↓