↑もう食べた?スイーツ部門第1位↑

【もちとろプリン】セブンイレブン新スイーツ|え?プリンを丸ごと?

もちとろプリン セブンイレブンスイーツ

【もちとろプリン】セブンイレブン新スイーツ|え?プリンを丸ごと?

セブンイレブンからなんとも気になる新スイーツが発売になりました。その名も「もちとろプリン」。セブンイレブンのスイーツシリーズの中でも新商品が出るたびに話題をかっさらっていく「もちとろシリーズ」最新作です。しかも今回はプリンです。「スイーツはあんまり…」な私ですら気になった商品ですから、これはブームの予感です。

それでは早速紹介していきます。

スポンサーリンク

もちとろプリン:セブンイレブン商品概要

商品名

もちとろプリン

商品名は「もちとろシリーズ」おなじみの、シンプルなもちとろプリンです。

もちとろプリンのパッケージ

もちとろプリン セブンイレブンスイーツ

パッケージはいつもの「もちとろシリーズ」と同じです。このシリーズはとても柔らかく、手で持つとどんどん形状を変え落ちてしまうほど柔らかいので、フィルムカップ2重で丁寧に丁寧に包装されています。

裏面のシール、成分や原材料などはこちらです。

もちとろプリン セブンイレブンスイーツ

価格

118円(税込)

ちょっと驚いたのは、ここ数回の「もちとろシリーズ」はずっと100円できていたのですが、118円と一気に値上げしてきました。これは美味しくないと納得できませんね笑。

内容量

1個

カロリー

132kcal

気になる「もちとろプリン」のカロリーは、132kcalです。

カテゴリー

セブンカフェ・スイーツ

保存

冷蔵(10℃以下で保存)

製造者

わらべや日洋(株)

最近の「もちとろシリーズ」はほぼ「わらべや日洋」さんが手がけているので安定の味に期待です。

商品説明(セブンイレブン公式サイトより)

もちとろシリーズの新フレーバープリン味です。とろける濃厚なカスタードホイップクリームに、ほろ苦いカラメルが溶け出します。

もちとろプリンの口コミ・評価

もちとろプリンのビジュアル

それではさっそくオープンです。

もちとろプリン セブンイレブンスイーツ

黄色いフィルムに守られた「もちとろプリン」の登場です。すでに中のプリンとカラメルソースがうっすらと見えています。

開封時のプリンの香りはお預けでした。鼻を近づけると、もちとろ生地のほのかな甘い香りがしてきます。

セブンイレブンのスイーツは毎回、パッケージにそのスイーツの内容を表示しています。

もちとろプリン セブンイレブンスイーツ

今回の内容は「もち生地」「プリン味クリーム」「カラメルソース」といったシンプルな仕様。ここも前作同様です。

もち生地|もちとろプリン

もちとろシリーズの醍醐味でもある「もち生地」あるいは「大福生地」とも言われますが、特徴はその柔らかさで、手に持つ事すら困難なレベルの柔らかさ。今回も柔らかさはもちろん健在です。粉糖が振り掛けられ、手やパッケージにくっつかない工夫がなされています。

ちなみに「もち生地」だけを食べると弾力ある食感で、味・香りはほぼなく、ほんのり甘い餅や団子を食べている感じです。噛み切ろうとしても「むにゅー」っと伸びてくるのが特徴的で、上手に食べる必要が出てきます。

もちとろプリン(断面図)

それではカットして恒例の断面図を覗いてみます。商品自体が潰れないようにナイフでカットするのはなかなかテクニックが必要です。

という事でこちら↓
もちとろプリン セブンイレブンスイーツあ、やっぱり。

失敗、かと思ったのですが、思ったよりもカラメルソースのしずる感が出たので結果オーライです。そしてこのぐらい柔らかいのです。一応、上手にカットしたい場合は「もちとろプリン」を冷凍してカットすると良いようです。

プリン味クリーム|もちとろプリン

プリン味クリームだけ食べてみると、プリンというよりは、卵の風味が豊かなカスタードクリームのような印象です。私はてっきりプリンがそのまま入っているのかと思っていたのですが、つるっとしたプリンの食感とは別で、濃厚でねっとりとしています。ですが、これがとても好印象で、上品な甘さを舌の上でたっぷりと味わえます。セブンイレブンの「エグロワイヤル」を使用したスイーツのそれに匹敵するレベルです。

カラメルソース|もちとろプリン

普通、プリンのカラメルソースというと底の方に少量隠れているという印象ですが、この「もちとろプリン」のカラメルソースはかなりたっぷりと入っています。とろとろのソースで、味はセブンイレブンスイーツおなじみのふわりと甘さが広がり、後味のほろ苦さの主張が強めのカラメルです。

おいしい写真|もちとろプリン

もちとろプリン セブンイレブンスイーツ

ボリュームはいつもの手の平サイズ。男性なら一口で食べられてしまうほどの大きさで、女性でも3口程度でぱくぱくと食べられるので、ちょっとしたティータイムやブレイクタイムにおすすめです。値段は100円少々なので、2つ買っても良いかもしれません。

勝手な想像では、もちとろ生地の中に本物のプリンが入っているのかと思っていたのですが、そうではなくてプリン味の濃厚なクリームが入っていました。全体を一気に食べてみると、豊かな甘みのプリンクリームと、たっぷりほろ苦いカラメルソースがまさに黄金比で、甘さを楽しみつつもほろ苦食感が残り、意外にも後味すっきりでした。「めちゃくちゃうまい!!」と大絶賛するほどではありませんが、人気の柔らか食感は今回も健在。ビジュアルも良いのでインスタ映えもよし、TwitterやフェイスブックなどのSNSでも話題になりそうです。

そして、セブンイレブンの次の新作には「メロンパンもこ」が待っています。これまたブームの予感の商品です。発売され次第紹介したいと思います。




セブンイレブンのもちとろシリーズとは?

これまでに、

  • もちとろ苺みるく
  • もちとろチョコ
  • もちとろ宇治抹茶
  • もちとろストロベリー
  • もちとろコーヒーみるく
  • もちとろいちごレアチーズ
  • もちとろフロマージュ
  • もちとろさつまいもこ風
  • もちとろバニラ

などなど多数の味を表現してきたセブンイレブンのスイーツシリーズ。「もちとろ」の由来はその表面を覆うもち生地の食感。「もちもち」「とろける」柔らかさが話題を呼び、セブンイレブンのスイーツを語る上でははずせないシリーズ。値段設定は100円か120円で今回は100円です。

「もちとろチョコミント」はこちら↓

「もちとろフロマージュ」はこちら↓

「もちとろミルクティー」はこちら↓

「もちとろさつまいもこ風」はこちら↓