↑もう食べた?スイーツ部門第1位↑

【ふんわりロールケーキ】セブンイレブン|いま、評価すべきスイーツ

こだわり卵のふんわりロールケーキ セブンイレブン

【ふんわりロールケーキ】セブンイレブン|いま、評価すべきスイーツ

セブンイレブンのスイーツといえば?という話題になったら確実に名前があがるであろう商品、それが「こだわり卵のふんわりロールケーキ」です。超が付くほどのロングセラー商品でセブンイレブンのスイーツコーナーには季節を問わず並んでいます。ですからきっとおそらく多くの方が召し上がった経験があるのではないでしょうか。

そんな定番中の定番商品を、あえて今回は紹介していきます。

スポンサーリンク

こだわり卵のふんわりロールケーキ|概要

商品名

こだわり卵のふんわりロールケーキ

商品名に「こだわり卵」と入れるくらいこだわった卵。詳しくは後ほど。

パッケージ|こだわり卵のふんわりロールケーキ

こだわり卵のふんわりロールケーキ セブンイレブン

おそらく誰もが一度はご覧になったことがあるパッケージ。

でもそんな何気ないパッケージにもセブンイレブンの本気を感じます。それは情報量の多さです。セブンイレブンのスイーツでここまでたくさんの情報をパッケージに記載している商品は珍しいです。

  • 北海道産クリーム使用
  • エグロワイヤル使用
  • THE SEVEN SWEETS
  • エグロワイヤル® パティシエの声から生まれた卵です。
  • カスタードクリーム中に使用している卵は全てエグロワイヤル®です
  • クリームがとても柔らかいのでこぼれないように注意してお召し上がりください。

などなど多数記載。おそらくこれでも絞った方なのでしょう。それだけこだわりがあり、アピールしたいことが満載ということですね。

そして一番の推しは、「エグロワイヤル®」という卵のようです。

エグロワイヤル®とは?

ヨーロッパで修行して帰国したシェフ、パティシエが日本にある卵では当時作っていた味が出せないという声から開発。鶏へ与える飼料の主原料を、主に日本で使われていた「トウモロコシ」から、ヨーロッパで多く使われている「小麦」へ変更し、他の原料もヨーロッパ風となるように配合して産まれた卵がエグロワイヤル®です。スイーツのために改良された卵で、 特に洋菓子やフランス料理などに向く用途卵です。

ラベルはこんな感じです。

こだわり卵のふんわりロールケーキ セブンイレブン

当然ですが、原材料は「卵」「クリーム(乳製品)」「牛乳」「砂糖」「小麦粉」など、一般的なロールケーキのレシピで使われるものです。

価格|こだわり卵のふんわりロールケーキ

170円(税込)

ちなみに今回はカスタードなどを使用しているので比べるのもどうかと思いますが、コンビニスイーツのロールケーキの王様と言えば、ローソンの「プレミアムロールケーキ」です。今回はリニューアルされた「新プレミアムロールケーキ」と比較してみましょう。

ローソンの新プレミアムロールケーキは 150円

ローソン 新プレミアムロールケーキ

※イメージはローソン公式サイトより

ローソンの方が若干安いです。

さらに、THEセブンロールは170円で同額。

THEセブンロール 170円

THEセブンロールセブンイレブン

内容量

1個

カロリー|こだわり卵のふんわりロールケーキ

214kcal

ちなみにローソンの新プレミアムロールケーキのカロリーも全く同じの214kcalです。これはどちらかが狙ってきたと思ってしまう偶然です。

カテゴリー

セブンカフェ・スイーツ

保存

冷蔵(10℃以下で保存)

製造者

プライムフレデリカ(株)

製造者はセブンイレブンの洋スイーツのほとんどを担当するプライムフレデリカです。

商品説明(セブンイレブン公式サイトより)

スポンジ生地に「エグロワイヤル®」の卵を使い、メレンゲを入れたふんわりした食感のロールケーキです。スポンジ生地にカスタードクリームを塗ることにより、ホイップとカスタードが味わえます。

こだわり卵のふんわりロールケーキを口コミ・評価

それでは早速、「こだわり卵のふんわりロールケーキ」を開封しレポートしていきます。

スイーツを開封してまず楽しみなのはその香りなのですが、今回はお預けでした。鼻を近づけるとほのかに卵やバターの甘い香りがしてきます。

こだわり卵のふんわりロールケーキ:ビジュアル

まずはビジュアルから。

こだわり卵のふんわりロールケーキ セブンイレブン

ローソンの新プレミアムロールケーキはスポンジが正円形ですが、こちらは、一周して、さらにおまけにもう半周弱巻いた「の」の字型でお得感がありますね。さらに目を引くのはど真ん中、白いホイップクリームの中心にカスタードクリーム。

私は初見で「お!卵っぽい。」と感じました。今回の売りは「たまご」ですから、ビジュアルでもアピールしたかったはず。卵のイラストはこんな感じのイメージが多いですから、多分私の初見の感想はセブンイレブンの戦略通りに行ったのだと思います。

さて、ここからは、いよいよ本題。中の層を紹介です。

こだわり卵のふんわりロールケーキ セブンイレブン

パッケージに断面図が示されていますが、今回は「スポンジケーキ」「ホイップクリーム」「カスタードクリーム」といった仕様です。

 それでは早速「こだわり卵のふんわりロールケーキ」をいただいていきます。

スポンジケーキ:こだわり卵のふんわりロールケーキ

こだわり卵のふんわりロールケーキ セブンイレブン スポンジケーキ

外周の香ばしそうな「きつね色」の焼き目が印象的なスポンジケーキ。バターの香りが食欲をそそります。フォークを通すと柔らかく変形しながら、ほとんど抵抗なくスッと入っていきます。持ち上げてもほとんど重さを感じないレベルですから、いかにきめ細やかな空気の層でふんわりと仕上げられているのかがうかがえます。それでいて、食べてみると「もっちり感」「しっとり感」も備えています。甘さは控えめでバターの香りがたまりません。

1時間放置してもふわふわを維持していた

私は、紹介するスイーツを食べながら書いているのですが、書き終わってまだ残っている「1時間以上経過」したロールケーキを食べてみましたが、驚き。ほとんど開封時と変わらぬ柔らかさ、しっとり感を保っていました。普通、スポンジケーキは時間をおくと水分を失ってパサパサしてくるのもです。しかし今回はセブンイレブンの技術が光りました。素晴らしいです。

ホイップクリーム:こだわり卵のふんわりロールケーキ

次はホイップクリームです。ご覧のようにホイップクリームにはフィルムが貼られています。

こだわり卵のふんわりロールケーキ セブンイレブン

ホイップクリームの風味を守るため、また、外装の内側にクリームが付着し見栄えの劣化を防ぐためです。TwitterやInstagramなどのSNSが盛んな時代においては、スイーツのビジュアルの価値はさらに高まります。そう言った客のニーズ・トレンドにもしっかりと対応していくセブンイレブンの姿勢です。

また、人間は味の8割を嗅覚と視覚で判断していると言われています。ですからスイーツに限らず料理は、見た目(ビジュアル)もとても大切なのです。とにかくお客様に美味しく召し上がっていただきたいというセブンイレブンの想いも感じられます。褒めすぎか…。でも、結局長く生き残る企業というのは、いつの時代もこうやって顧客を大事にする企業だと思います。

ちなみにホイップクリームのお味は口コミでも上々で、コクがあって口どけも良い。甘さは控えめで生乳感たっぷりのフレッシュさも感じられます。飽きがこないレベルの絶妙な濃厚さで好印象です。

ちなみに冷蔵庫から出したばかりの時は「甘さ控えめ、しっかり食感」、時間が経過し溶けてくると「柔らか濃厚、甘味が増す」ので、味の変化も楽しんでみてください。

カスタードクリーム:こだわり卵のふんわりロールケーキ

こだわり卵のふんわりロールケーキ セブンイレブン

「エグロワイヤル®」ブランドの卵を使用したセブンイレブン自慢のカスタードクリーム。「エグロワイヤル®」はセブンの他のスイーツでは「エクレア」や「THEセブンシュー」などで使用されています。

味は、風味もコクも濃厚です。ねっとりと味蕾に絡みつき、控えめながらも豊かな甘みを提供してくれます。ちなみに「カスタードだけ」を味わうチャンスは、スイーツの真ん中部分にあるカスタードだけです。単品食いをしたい方は勢い余ってホイップクリームごとすくわないように注意しましょう。

ちなみに「パティシエが厳選してスイーツ用に改良した卵」と、あまりに卵に期待したせいでしょうか、そこまで「たまご感」は感じられませんでした…。おいしかったのですが。

「エクレア」「THEセブンシュー」の記事はこちら↓

カスタードとは?

ちなみにカスタードとは、「 卵黄」「砂糖」をよくまぜ、「小麦粉(コーンスターチでもよいが風味は劣る)」を加え、温めた「牛乳」を少しずつ加えてのばし、とろみがつくまで加熱したもの。

今回のカスタードには黒いつぶつぶ「バニラビーンズ」もさりげなく入っています。

こだわり卵のふんわりロールケーキ セブンイレブン

こだわり卵のふんわりロールケーキの食べ方

別にどんな食べ方をしようと構わないのですが、やはりどんなものにもマニュアルというものはあるものです。こだわり卵のふんわりロールケーキを購入すると、何も言っていないのにセブンイレブンの店員さんが「スプーン」をつけてくれます。

こだわり卵のふんわりロールケーキ セブンイレブン 食べ方

「ガブッといかないで、スプーンで上品に食べなさいよ?」というセブンイレブンの店員さんらの無言のメッセージです。

美味しいクリームとか、スポンジとか、スプーンですくって少しずつ長〜く楽しみましょう。

ローソンのプレミアムロールケーキもこのスプーンで食べるという斬新さがブーム火つけの一要因でした。

こだわり卵のふんわりロールケーキ セブンイレブン

そして比較的多くの人がこの「ふわふわロールケーキ」に衝撃を受けたであろう事実がこちら。中心にあるカスタードは、

こだわり卵のふんわりロールケーキ セブンイレブン

下まで貫通していない。上に乗っているだけ。「思ってたのと違う!!」という口コミも散見されます笑。「これだけ?」と思わず、安心してください。スポンジケーキの内側にもカスタードクリームが塗られています。




こだわり卵のふんわりロールケーキの総合評価

こだわり卵のふんわりロールケーキ セブンイレブン

サイズは直径10cm程度のまずまず大きめのサイズ。ちょっとしたブレイクタイムには丁度いいボリュームです。

きめ細やかなふんわりスポンジと、コクがありつつも口どけの良いホイップ、濃厚で豊かな甘味のカスタード。値段も170円と絶妙。また、お茶・コーヒー・紅茶と様々なドリンクとの相性が良いのも便利です。また、随所にセブンイレブンの優しさや気遣いがあったり、「どこから食べ始めようか?」という幸せな悩みに浸れるのも嬉しところ。

定番にして王道、そして人気のロングセラーのセブンイレブンのスイーツ「こだわり卵のふんわりロールケーキ」は、セブンイレブンという企業そのものの考えがギュッと詰まったスイーツだと思いました。長く生き残るためのたゆまぬ努力が、このスイーツに注がれているのだなと実感。まさに今、もう一度評価されるべきスイーツです。

テーマが壮大過ぎました汗

でも、「久しぶりにセブンのロールケーキ、いかがですか?」それでは。